わたしがクミンの存在を知ってからそれにハマり、それから数年飽きることなくずっとハマり続けている現在まで、ありとあらゆるクミンを使用したお料理を作ってきているんですが、その中でもたぶん一番簡単で、材料が少なくて、シンプルで、それでいて一番クミンの実力を世に知らしめることが出来るんじゃないかなってお料理です(笑)。

 

夏休みの最後に末娘と一緒に行ったとあるお店(有名店ですが、、、)で出てきたのが、このお料理。

朝食メニューのトーストの付け合せに出てきたんですが、これがほんっとに美味しくて。

きっともう有名なお料理なんだと思うんですが、わたしのように地方在住でなかなか東京まで食べに行けないわって方も多いと思うので、あの味をわたし流に再現してみました。


特別に美味しいとっておきのトマトを頑張って使わなくても、そこそこ美味しそうなトマト(熟れすぎない程度の硬さで)ならば大丈夫。
加熱することでトマトの甘味が増し、クミンの香りと口いっぱいに溢れるトマトのジューシーさがたまらない美味しさ。

20140904 036


材料(2人分)

・トマト 大1個
・岩塩 少々
・GABANクミン<ホール> 小さじ1/2くらい
・オリーブオイル(加熱用でOK) 小さじ2


作り方
1)トマトは半分に切ってヘタを切り落とし、さらに横方向へ半分に切ります。

2)フライパンにオリーブオイルとクミンを入れて火にかけます。クミンから泡が出てきてふつふつとして、香りがたってきたらトマトの皮を下にして入れます。焦げ目がつくくらい焼いて裏返し、断面の部分は焼き過ぎない程度に焼き、お皿に取り出します。岩塩をふりかけ、フライパンに残ったオイルとクミンをかけます。

 

クミン好きのトマト好きさんなら是非一度お試しいただきたいレシピです。

お料理の付け合せにどうぞ。






2014年9月16日のレシピ